お金を貯める為におすすめの方法は積立投資

働けど働けど毎月入ってきたお金は全部使ってしまう・・・・そんなつもりはないのに・・・という方、多いと思います。

貯金って出来る人は当たり前にやっている事だけど、出来ない人にとっては凄く難しい事なんですよね。

基本的には「収入よりも支出を抑える事」で終わる話なんですが、ちょっと掘り下げて書いていきたいと思います。

ちなみに僕は個人投資家としての経験が長いのですが、お金を効率的に貯める方法として積立投資をおすすめしてます。

やり方とか色々書いているので是非!

お金を貯めようとしても貯まらない不思議

今までの人生で「ちゃんと貯金しないとなー!」って思った事何度かありませんか?

500円玉貯金箱だったり、2つの銀行口座を用意して生活費用と貯金用を分けたりした経験ある方もいると思います。

でも、貯まらないんですよね、、、不思議と。。。

で、やっぱり、「毎月1万円貯金しても1年で12万じゃん・・・」って思ってしまったり、何より地道な作業すぎて、気が乗らないんですよね。

そこで、楽しみながら貯金していくって事を考えると、投資をするってのも1つの方法だと思うんです。

あ、普通の投資の仕方ではなく、積立投資という方法です。

積立投資とは?

投資先の商品は、投資信託でも外貨でも株式でも仮想通貨でもなんでも良いんです。
積立投資というのは手法(買い方)の問題なので。

その方法は、毎月定額を買っていくというやり方です。

例えば、「米ドルを毎月2万円買っていく」と決めたとしましょう。
そうすると、今月も、来月も、再来月も、2万円ずつ買っていきます。

為替相場というのは変動するので、今月は1ドル115円、来月は1ドル110円、再来月は1ドル112円といった感じで、為替レートの変動によって買える量は変化しますが、「2万円分の外貨を買う」という点は一切ぶれません。

このメリットは何か?
といえば、リスクに強い事です。

1ドル115円で買って、値下がりしたら含み損生活が大変

例えば、1ドル115円で貯金全てをはたいて10万円分買ったとしましょう。
価格が上昇して儲かった時は良いですが、怖いのは損した時です。

1ドル100円なんて水準に下がってしまったら、なかなか1ドル115円まで戻ってこないので、ずーっと損した状態になります。

その点、積立投資で毎月買っていくと、最初は115円の買値でも、110円、107円、105円、103円、100円、97円・・・・平均購入単価は105円といった形で、暴落した場合でも、次の上昇相場で比較的すぐに利益を出せるようになります。

損益分岐点が115円で利益になるのか、105円で利益になるのかは雲泥の差ですよね。

つまり、積立投資はリスクに強い投資手法って訳です。

日本よりも金利の高い外貨を買う事で、効率的にお金を増やせる

日本は現在低金利が続いていますよね。
その一方で、高金利な外国通貨がたくさんあります。

先ほど例にあげた米ドル円も以前までの低金利状態を脱出して、現在1.50%になっています。

また、外国には更なる高金利の通貨もたくさんあり、例えば、トルコリラの政策金利は8%、南アフリカランドは6.75%、メキシコは7%です。

新興国というリスクはあるものの、それでもここまでの高金利は魅力的です。

ちなみに外貨は銀行で買うと高額な手数料を取られてしまうので、FX会社を利用した方が賢く買う事が出来ます。

低金利の日本円で1年貯金するよりも、高金利な外貨で1年貯金した方がお金の増え方も実感しやすいですよ。

オーストラリアやニュージーランドといった安定している国でも、金利は1.5%や1.75%あるので、低金利(0.1%)の日本円よりもよっぽど賢くお金を貯める事が期待出来ます。

積立投資により為替リスクは軽減出来る

外貨を買うということは為替レートの変動によるリスクもありますが、先ほどの米ドル円の例にあったように、積立投資で毎月買っていく事で、リスクを抑える事が可能です。

毎月買うからこそ、今現在のレートに近い平均購入単価になるので、高金利のメリットをしっかりと受ける事が出来ます。

という訳で、「お金がなかなか貯まらないな・・・」と悩んでいる方は、是非外貨での積立投資にチャレンジしてみてください!おすすめです!

分散投資の方法はこちら!

分散投資をしてリスクを抑えながらリターンを追求する方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする